先述した以外にも様々な躾が必要となります。また先述したチワワやトイプードルといった小型犬以外の大型犬は更に躾に注意が必要です。
もちろん病気や怪我をしてしまった場合には動物病院に行く必要があります。
お金も手間もかかります。飼うと決める事は容易ですが、そういった点を予め頭に入れておく必要があります。
しかし、それ以上にかけがえの無い存在となってくれるのがペットです。
しっかりとした知識を得て、命を預かる責任を持てるのであれば、ブリーダーやペットショップ、里親募集からペットを譲って貰ったり買ったりする事が出来ます。

マナーや躾をしっかりして命の責任を持つ覚悟をしてからペットは飼う必要があります。

噛み癖や吠え癖といった困った癖も改善することが出来ます。
しかし、しっかりとした知識を得る為に、購入したペットショップの店員や貰い受けたブリーダーにアドバイスを貰った方が確実です。
チワワやトイプードルといった小型犬は力が弱いと思われがちですが、本気で噛み付いてくれば怪我をします。
ストレスに弱く神経質な性格な子が多いため、特に小型犬では吠え癖がついてしまう子が多いです。

吠え癖や噛み癖がついた時には自分でどうにかするだけじゃなく、必要に応じては躾を行うブリーダーに預けるというのも一つの手段です。
小さいうちであればある程、躾は行い易いです。子犬の頃から、噛み癖や吠え癖が付かないようにした方が効率的です。

チワワやトイプードルは非常に賢い犬種です。
「おすわり」「待て」「伏せ」といった躾もすんなり覚えてくれる子が多いです。
オヤツを利用することで、効率的に躾を行えます。
こういった躾は、行動が愛らしいというだけではなく、落ち着きがない時や外出時に必要になる場面があります。
トイレや吠え癖や噛み癖に比べると非常に楽しい躾という事が出来ます。
出来たら沢山褒めてあげれば、喜んでくれて覚えも非常に早くなります。

ブリーダーから譲って貰った子であれば最初から覚えてる子も居ます。
また、躾方法もアドバイスを貰う事が出来ます。

チワワやトイプードルなどの室内犬はトイレの躾も重要になります。
ブリーダーや動物病院でアドバイスを貰う他、書籍でもトイレの躾の知識は得られます。
トイレがしっかり決まってないと犬も落ち着きませんし、飼い主である自分も困ります。
そういった事態を回避する為にも、子犬の頃からしっかりとした躾をすることが必要です。
トイレの躾はそこまで難しいものではありません。ちゃんと決まった場所でトイレが出来たらオヤツをあげる、といった事で簡単に覚えてくれる場合もあります。

またトイレの躾だけじゃなく、散歩中のウンチは飼い主が責任をもって片付ける必要があります。
ウンチの状態で犬の異常に気づける事もあります。
マナーを守るという点だけではなく、大事なペットの為にもウンチを片付けるのは重要です。